アジールのススメ

 今回は最近イチオシのアジールの記事を書きたいと思います。

最近自分がやっててこんなこと考えながらやってるなーってのをメモしたいと思います。

 

その1 後半はよ

 アジールは後半のスケールの非常に大きいチャンピオンです。そのため後半になればなるほど楽しくなってきます。前半はもちろんそれほど強いチャンピオンではないのですがレーニングだけを見ればそこまで弱いチャンピオンというわけではありません。射程の有利を活かして有利をとれるからです。ただしJGMIDの2v2は厳禁です。レベル1のQのCDは15秒もある上に兵士のAAダメージがあまり出ない序盤においてアジールは小規模戦においては何の役にも立ちません。プッシュして相手MIDを寄らせない動きをしましょう。

 

その2 兵士の置き方

 最近やっていて思うのがどこに兵士を置くのかによってかなりレーニングの安全さが変わってくるなということです。

例えば前衛と後衛のど真ん中に置いた場合、この時の立ち位置は大体後衛ミニオンと同じくらいです。

f:id:sakep:20180901161138p:plain

次に前衛の最後尾に兵士の射程ギリギリにひっかけるように置いた場合こうなると早々敵の攻撃は届きません。

f:id:sakep:20180901160300p:plain

後衛に届くように配置する場合、大体1つ目と変わりません。

f:id:sakep:20180901160726p:plain

敵もあまり火力の出せないレベル1を除けば基本的には2の立ち位置を推奨します。

アジールは非常に柔らかいので敵のスキルが届かないかよけやすい立ち位置をとるように心がけましょう。

 

その3 ごめんなさいジャングラー

 上述した通りアジールは序盤の小規模戦が非常に弱いチャンピオンです。そのため最初のカニファイトはまず寄れません。序盤にガンクに来てもらってもCCも火力もないため事前にポークでよほど削れていないとささりません。そのためガンクは少なくともレベル6までは呼ばないようにしましょう。

 

その4 集団戦

 アジールの華といえばシュリーマシャッフルだと思いますが、集団戦で狙うものではありません。しにます。砂時計があればできないこともないですが正直おすすめはしません。アジールのRもEも非常に優秀な自己ピールスキルです。逃げに使いましょう。シュリーマシャッフル自体はロームやキャッチに使うのであれば非常に優秀なコンボだと思います。とっても楽しいのでガンガンしましょう。

 

その5 ビルド

 基本的にナッシャーソーサラーノミコン帽子がお気に入りのビルドです。相手のMidやマークスマンがMRを積んでいなければすさまじいダメージをたたき出します。ただしMRを持っていたりタンクが育っているようならノミコンまでは積んでからヴォイドに行きましょう。ノミコンの有無は相手キャリーへのダメージ量に大幅に違いが出るうえ、回復阻害も便利なので2コア目に積むのを推奨したいです。

 少し気になっているのがクリセプと仮面です。前者はダメージが減る代わりに徒歩勢に対して有効だと思います。後者はチョガスに対しては有効なんじゃないかなと思っています。体感だと普通のタンク相手ならヴォイドのほうが強い気がします。

 

 また、アジールがそれなりに戦えるようになるのは10レベルぐらいかなと思います。WのパッシブでASが上がるのでダメージを出すためにはwがある程度上昇することも必要になるからです。加えてこのぐらいの時間帯には既にナッシャーが出ていると思います。至高も合わせてCDも30%、欲を言えば貫通靴も欲しいところですが徐々に戦力になっていきます。

 

アジールは射程の長いチャンピオンなのでその分柔らかく設定されています。そのため、ゼラスやヴェルコズといった自分より射程の長いポークメイジに対して弱い傾向があります。これらを相手にするときは多少コアの完成が遅れてでも大人しくマーキュリーブーツをはきましょう。ハラスを受けてレーンに入れなくなり、ファームできなくなることがアジールにとっては一番の痛手になります。

 

その6 ルーン

f:id:sakep:20180901164601p:plain

試してみた感じ彗星よりエアリーのほうがしっくりきたのでこちらです。強まる嵐はレーンを意識するならおい火も考えられなくはないかなと思います。ただ結局前半はプッシュするだけでキルを狙うのは厳しいチャンピオンなので強まる嵐が僕は好きです。

 また、サブのビスケットニックの組み合わせが本当に強いです。コラプトスタートをすることで前半非常にマナの苦しいアジールもプッシュしてレーンを維持できるため、耐えることができます。

 電撃も気になったのですが結局まだ試してないです。

 

書きたいこと書いたので終わります。