さけパ

意味も無いことをだらだらと書き連ねるブログです。

Speed is power.

 このLOLというゲームにおいてMS、つまり移動速度がいかに重要なものかということはツイステッドフェイトやリーシンといったチャンピオンがその身をもって示してくれています。

 

 ところで、ここでADCというチャンピオンの性質についてここで一度見直してみましょう。ADCはチャンピオンの中でもDPSタイプに分類され、生き残った時間=ダメージ量となるといっても過言ではありません。また、ADCが生き残ったまま集団戦を制することができればオブジェクトをとることも容易になるでしょう。では、非常にもろく倒されやすいADCたちが生き延びるためには何が必要か?味方のピールを信じること?0点です。他力本願だけで生き残れるような甘い世界ではありません。よりリスクが低くかつ敵を殴ることができる立ち位置をとり続ける必要があります。そこで求められるのがkiteという技術なのです。

 

 さて、前置きはここまでにすることにします。ここまで読んでくれた読者の方はもうお分かりでしょう。ADCとは早くあるべきなのです。早ければどうなるか?ファイターやタンクは近づくことも許されません。メイジは狙いを定めることもできないでしょう。相手のADCはRFCの発動した一発のAAをただくらい反撃を返すまもなく離脱されるのみです。Attack Damge Carry ではなくAgile Dash Characterこそが新時代のADCの姿なのではないでしょうか。

 

 しかし通常のadcはビルドがそろっていくとASが増加していくためkiteの中ではさむAAの回数も増えMSを活かすことが難しくなります。

 

 そこで一つ、私は皆さんに紹介したい。

             それは、Speed Jhinです。

 

 なぜジンなのか。ここには極めて合理的な理由があります。

 彼のもつpassive、「まばたきすら惜しい」には増加AS率を参照するMS増加があります。つまり彼は通常通りのCritビルドをとるだけでも他のADCを超えるスピードを得ることが可能なのです。もう一つのpassive、「-死- 全四幕」という特殊なAAの方式もまた非常にMSを活かすことに長けている。-次弾が発射可能になるまでの間に獲得したMSでよりよい位置に走り込めばいいのですから。

                      この銃が私に囁くのです、走れと。

 

 このジンにおけるキーアイテム、それはRFCとPDです。PDに関しては特筆して言うべきこともありません。積んだゲームと積んでいないゲームの両方を経験していただければその早さの違いは歴然でしょう。RFCについてはまさにジンのためにあるかのようなアイテムです。AA射程を伸ばすpassiveは「まばたきすら惜しい」を敵との距離がより離れた状態で発動することを可能にします。MSの増加は時間あたり移動距離を伸ばしてくれるのでRFCとの相性が非常にいい。このジンのMS増加を支えるキーストーン、フリートフットワークは渇欲の戦神同様RFCによるチャージ減少の恩恵を得ることができます。

 

 ADCの持つAS増加コアアイテムは基本的に5%のMS増加を能力増加に持ちますが、ルナーンハリケーンは唯一7%のMS増加をくれます。少しでも早くと思うなら積んでみるのも面白いでしょう。

 

 

 

 

Adcメモ

ブログ書く事lolくらいしかないのにmidコンテンツばっか作ってるためにほぼ書くことが生まれないので一番回ってくるadcでなんか書きます

お気に入りADCTier
God コグマウ トゥイッチ ジン
Tier1 アッシュ ケイトリン ジンクス
Tier2 ザヤ フォーチュン トリスターナ
ヴァルス カリスタ シヴィア ジグス
Tier3 ヴェイン エズリアル

持ってない ドレイヴン ルシアン


2018年1月5日 ジンをGod tierに昇格

星のフラフープ⑥

対オレリオンソル

クソゲー

星のフラフープ⑤

VSライズ

 殴り合いはひやひやする場面が多いがレベル1トレードは可能な限り仕掛けるべき

 応じてくれるならばキルも狙える(※イグゾをけちらない)

 レベル2も殴り合うべき

 Wを相手がとって以降は慎重に!

 プッシュもソルの方がたぶん早い

 レベル11の2レベルULTまではソルのほうが移動が早いので積極的にローム

 集団戦ではライズのWに真っ先にキャッチされないように若干後ろ目に位置どる

 

追記 

 相手のライズが不慣れな感じだったのでうまいライズはまた違う点が見えてくるかもしれない(MSup、EWの長いスネア)

 

星のフラフープ④

対フェイト

アサシンとは別ベクトルで嫌な相手

移動速度335かつMSルーンを積み靴スタートという選択肢を持っているため、序盤からソルよりも速いチャンピオン→きつい

CD6秒のWによる対象指定スタン→きつい

それに伴う強力なガンク合わせ性能→きつい

ソルより早い移動→きつい

ソルの長所の多くを喰われる

 

レーンでは必ずこちらのWは相手のWを見てから使う

コントロールワードを必ずさしてガンクと相手のローム警戒を怠らない

トレードは相手のWが上がるまでで引き際を見誤らない

ロームに行く際はレベル6前またはRを見てから(CD: 180/150/120s)

・頻繁に仕掛けて使わせるねらいもありかもしれない

ただしプッシュしすぎるとガンクで死ぬ

 

別枠

botロームをしかけたが察知されることが多かった

前も考えたが赤トリンケットに持ち変えるのが有効かもしれない

 

星のフラフープ③

対オリアナ

 lv6前はこちらが有利、Wのスロウもさほど警戒する必要は無い。

 前に出てWを誘ってからハードトレードするのが得策か?

 ただしハードトレードを行うとプッシュしてしまうのでガンクに注意。

 lv6以後はショックウェーブさえよければ勝てる、フラッシュの有無を意識する。

 ただしやはりロームを狙えるなら狙って行きたい。

 互いに集団戦に強いチャンピオンなので特に差がつくポイントだと思われる。

 ソルのWはCCを食らうと消えてしまい、ダメージを出せない時間が続いてしまう。

 集団戦においては非常に致命的なのでショックウェーブは決して食らわないように!

 フラッシュがなければゾーニャで避けるなど工夫する。

 今回後衛を殴りに行くことに集中しすぎたため、ショックウェーブが落ちる前に出すぎてしまった場面が多かったのでショックウェーブが無くなるまではタンクを殴ることに専念する。

後衛を殴りに行くことで前衛と後衛を引きはがすことのできた場面もあったので方向性としてはよさげ。

 

     そろそろイグゾ警察に捕まりそう。