さけパ

意味も無いことをだらだらと書き連ねるブログです。

拡大するスマホゲーム市場

 近年スマホゲーム市場が急激に拡大している。一体何がこれほどの成長をもたらしているのか、これについて考察してみたいと思う。

pickups.jp

上記のサイトを参照していただければ右肩上がりでスマートフォンゲーム市場が拡大していること、それに対して家庭用ゲーム機とソフトの売り上げが低下していることを理解してもらえると思う。

 大手の家庭用ゲーム機メーカーにとってもこの市場はとうに無視できないものとなっており、「どうぶつの森~ポケットキャンプ~」(任天堂)や「みんなのGOLF」、「パラッパラッパー」(ソニー)を始めとする様々なゲームを投入している。

 

 では、なぜスマホゲーム市場はこれほどまでに大きなものに成長したのだろうか。

 

 かつてガラパゴスケータイを利用していた時代にもケータイでプレイするゲームは確かに存在していた。しかしこれらのゲームはあくまでも本当にちょっとした隙間時間をつぶす程度の内容しか無かったのではないかと私は考えている。スマートフォンは小さなパソコンと言っても過言ではないような性能を持っている。そこで動作させることのできるゲームの質はもはやかつてのものの比ではない。ほんのちょっとの隙間時間だけでなく暇を割いてでもプレイしたいと思わせるほどのものになりつつあり初期投資の大きい家庭用ゲーム機から顧客を奪っているのではないだろうか。

 さらに下記のサイト中段のスマートフォン保有率の推移を参照してほしい。

子供の携帯電話やインターネット利用について 警視庁

今や高校生の約90%、中学生の約70%がスマートフォンを持っている時代である。これら学生は特にゲームに熱中しやすい傾向があるのではないだろうか?またそれと同時に周りの流行に乗るためであったり話題作りのためだったりと様々な理由でスマートフォンゲームをプレイすることが予測される。家庭用ゲーム機であればこのようなことが起きるのは難しいだろう。それは多くのスマートフォンゲームが基本プレイ無料という特徴を持っているという点がある。こうしてスマートフォンゲームは多くのユーザーを獲得することを可能としている。

 一度はまってしまえばソーシャルネットワークゲームとは沼のようなものだ。後はずるずると深みにはまり抜け出せなくなっていく。この手のゲームの恐ろしいところはお金を払えば欲しいものが手に入るとは限らないと言うところだ。もはやギャンブルである。しばしば家庭用ゲーム機以上の金額を使ってもほしいキャラに巡り会えなかった人の話を聞く。移りゆく時代の中、最近生まれたものについてすぐに対応することが難しいことは理解するがこのスマートフォンが中心となりつつあるこの時代、もう少し目を向けてもよいのではないだろうか。

 話題がそれたがこのようにApp storeGoogle Playストアといったところでアプリを公開するだけなので家庭用ゲーム機に比べて失敗したときの損も小さく済み、成功したときの利益も大きくなると言うのも業界が活気づいている理由の一つと言えるのではないだろうか。

 他にも様々な理由が考えられるだろうが、今回はここまで筆を置く。今後も考えを深めていきたいと思う。

もんはんおもしろい

最近モンハンにはまっています。

今までもそれなりにモンハン自体好きだったんですが今回特にハマっているのはガンナーのアクションの変更が自分好みだったことが一番大きな要因ですね。

 

弓のチャージステップが強いしかっこいい!AIMも従来のものに比べてFPSやTPS系になっていて非常にやりやすいです。

 

加えて賛否両論あるとは思いますが今回のヘビィボウガンの変更、かなりいいですね。元々ヘビーアームズ(ガンダム)やらゾルダ(仮面ライダー龍騎)やらでガトリング武器が好きだったので機関竜弾が楽しくてしかたありません。

剣士職にはもう戻れないかもしれない。

Speed is power.

 このLOLというゲームにおいてMS、つまり移動速度がいかに重要なものかということはツイステッドフェイトやリーシンといったチャンピオンがその身をもって示してくれています。

 

 ところで、ここでADCというチャンピオンの性質についてここで一度見直してみましょう。ADCはチャンピオンの中でもDPSタイプに分類され、生き残った時間=ダメージ量となるといっても過言ではありません。また、ADCが生き残ったまま集団戦を制することができればオブジェクトをとることも容易になるでしょう。では、非常にもろく倒されやすいADCたちが生き延びるためには何が必要か?味方のピールを信じること?0点です。他力本願だけで生き残れるような甘い世界ではありません。よりリスクが低くかつ敵を殴ることができる立ち位置をとり続ける必要があります。そこで求められるのがkiteという技術なのです。

 

 さて、前置きはここまでにすることにします。ここまで読んでくれた読者の方はもうお分かりでしょう。ADCとは早くあるべきなのです。早ければどうなるか?ファイターやタンクは近づくことも許されません。メイジは狙いを定めることもできないでしょう。相手のADCはRFCの発動した一発のAAをただくらい反撃を返すまもなく離脱されるのみです。Attack Damge Carry ではなくAgile Dash Characterこそが新時代のADCの姿なのではないでしょうか。

 

 しかし通常のadcはビルドがそろっていくとASが増加していくためkiteの中ではさむAAの回数も増えMSを活かすことが難しくなります。

 

 そこで一つ、私は皆さんに紹介したい。

             それは、Speed Jhinです。

 

 なぜジンなのか。ここには極めて合理的な理由があります。

 彼のもつpassive、「まばたきすら惜しい」には増加AS率を参照するMS増加があります。つまり彼は通常通りのCritビルドをとるだけでも他のADCを超えるスピードを得ることが可能なのです。もう一つのpassive、「-死- 全四幕」という特殊なAAの方式もまた非常にMSを活かすことに長けている。-次弾が発射可能になるまでの間に獲得したMSでよりよい位置に走り込めばいいのですから。

                      この銃が私に囁くのです、走れと。

 

 このジンにおけるキーアイテム、それはRFCとPDです。PDに関しては特筆して言うべきこともありません。積んだゲームと積んでいないゲームの両方を経験していただければその早さの違いは歴然でしょう。RFCについてはまさにジンのためにあるかのようなアイテムです。AA射程を伸ばすpassiveは「まばたきすら惜しい」を敵との距離がより離れた状態で発動することを可能にします。MSの増加は時間あたり移動距離を伸ばしてくれるのでRFCとの相性が非常にいい。このジンのMS増加を支えるキーストーン、フリートフットワークは渇欲の戦神同様RFCによるチャージ減少の恩恵を得ることができます。

 

 ADCの持つAS増加コアアイテムは基本的に5%のMS増加を能力増加に持ちますが、ルナーンハリケーンは唯一7%のMS増加をくれます。少しでも早くと思うなら積んでみるのも面白いでしょう。

 

 

 

 

Adcメモ

ブログ書く事lolくらいしかないのにmidコンテンツばっか作ってるためにほぼ書くことが生まれないので一番回ってくるadcでなんか書きます

お気に入りADCTier
God コグマウ トゥイッチ ジン
Tier1 アッシュ ケイトリン ジンクス
Tier2 ザヤ フォーチュン トリスターナ
ヴァルス カリスタ シヴィア ジグス
Tier3 ヴェイン エズリアル

持ってない ドレイヴン ルシアン


2018年1月5日 ジンをGod tierに昇格